2024年8月1日 「問題の見いだし」を意識した授業づくりのワークショップ(午前)ならびに 夏季教育講座「國學院大學教育実践フォーラム」理科分科会(午後)の開催について

 2024年8月1日、”理科の授業づくりまつり” を開催します!

 午後に実施される「國學院大學教育実践フォーラム」は、國學院大學人間開発学部が主催し、毎年開催している、先生のための教科別研修会です。2024年度、理科分科会は10年ぶりに開催することになりました!久々の開催ですので、この夏、理科の先生方が顔を合わせて集まれる機会を作れるように、準備をさせていただきます。

 せっかく「國學院大學教育実践フォーラム」の理科分科会を開催するのですが、午後だけではもったいない!午前の部として、書籍「問題を見いだす理科授業ーマンガでわかる導入場面」の発刊を記念して、「問題を見いだす力」を意識した授業づくりのワークショップを実施します。

【午前の部】「問題を見いだす力」を意識した授業づくりのワークショップ(参加無料)

 午前の部として、書籍「問題を見いだす理科授業ーマンガでわかる導入場面」の発刊を記念して、「問題を見いだす力」を意識した授業づくりのワークショップを実施します。短い時間ですが、簡単な問題の見いだしに関する説明と、実際に事例を出して問題を見いだす授業づくりについてグループで検討していただきます。

【午後の部】夏季教育講座「國學院大學教育実践フォーラム」理科分科会(参加無料)

理科授業の近年の課題とこれからの”あるべき姿”

國學院大學人間開発学部が主催し、毎年開催している、先生のための教科別研修会です。理科分科会は10年ぶりに開催することになりました!4名の発表者がこの日に向けて、今日的な様々なテーマについて当日までに授業を行い検討します。テーマについては、担当学年が決まる4月に決めますので、決まり次第お知らせします。

また、今回は特別に久坂哲也先生(岩手大学)をお招きして、講演会も実施します!

 懇親会について( 7月31日夜、8月1日夜 )

 特に初めての方は、少しの時間でもぜひ懇親会にご参加ください!今回の午前午後の研修もいいのですが、研修内容は一時のもの。人とのつながりはずっと続くものです。周りの人が声をかけてくれるので、授業ができるできないことや、年齢など全く心配ありません。できれば顔写真付き名刺をご用意されると今後へのご縁ができると思います。

 アクセス や 宿泊についてのご案内

たまプラーザ駅までは 渋谷駅から東急田園都市線(長津田・中央林間方面行き)でたまプラーザ駅まで約25分。

横浜駅から横浜市営地下鉄ブルーライン終点あざみ野駅で東急田園都市線(水天宮・渋谷方面行き)に乗換え、たまプラーザ駅まで約30分。

たまプラーザ駅からのアクセス たまプラーザ駅南口から徒歩約5分 あざみ野駅からのアクセス あざみ野駅から徒歩約20分

【宿泊について】

首都圏はホテル代が高騰しているため、早めの申し込みをお勧めします。前泊でしたら横浜駅方面(横浜駅から40分くらいかかります)、都内でもいいですが、たまプラーザから近くお安いホテルとしてすすめの場所としては、「センター南(東横イン)」「溝の口」「池尻大橋」あたりです。

SNS / 関連サイト






著書紹介

 

 
PAGE TOP