活動報告

研究活動

見取り方次第で子どもは伸びるーベテラン教員の「神業」を「見える化」 

子どもの学力をいかに伸ばすか-。「できない子」をどうしたらできるようにさせられるか-。ベテラン教員が自らの経験値を基に行う「神業」ともいえる高い指導力を「見える化」しようと研究しているのが、人間開発学部初等教育学科の寺本貴啓(たかひろ)准教授(理科教育、学習科学、教育方法学)だ。小学校教員の養成に主眼を置く同学科で学生たちを指導する寺本准教授は、小学校教員の採用枠が激減するとみられる近い将来を見据え、「『人づくり』の能力にたけた人材の輩出が最重要課題だ」と語る。

【 詳しくは以下のリンクから 】

見取り方次第で子どもは伸びる

PAGE TOP